宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年05月号 vol.16

日本侵略を深める日本会議の報道が海外で始まっている~日本のマスコミはまたしても蚊帳の外

2018年05月23日 10:27 by show21up5

 

 

フランス「ロブス」、「ル・モンド」
イギリス「エコノミスト」、「タイムズ」
ドイツ「ARTE」
アメリカ「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」
 
など、続々と日本会議の特集を報道しており、
多数回紹介した。
 
今回また、オーストラリアのテレビ(ABC, Australia)で7分枠という異例の長さで報道された。
 
日本会議は、極右のカルト団体であり、
第二次大戦の敗戦を拒否し、戦前の日本に戻そうとしている。
中国を仮想敵国化し、南京大虐殺などなかったことにしようとしている、
完全な歴史修正主義のカルト団体として危険視している。
 
内閣構成員の8割が日本会議のメンバーであり、
この異常事態は、驚きを持って受け止められている。

 

内閣構成員の8割が日本会議のメンバーであり、
この異常事態は、驚きを持って受け止められている。
↓(引用)
日本会議の特集が、日本以外の世界中で報道、 放映されている件。(日本では絶対に報道されない)https://t.co/EeFbahSwTf

— 数学 M (@rappresagliamth) 2018年5月22日

 

 

フランス「ロブス」、「ル・モンド」
イギリス「エコノミスト」、「タイムズ」
ドイツ「ARTE」
アメリカ「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」
↓(引用)
日本会議の特集が、日本以外の世界中で報道、 放映されている件。(日本では絶対に報道されない)https://t.co/J1pfrHW7fp pic.twitter.com/hyHOuPhvXo

— 数学 M (@rappresagliamth) 2018年5月22日

 

 

 

モリカケ事件を国会が解明しないのは、国家の中枢が、田布施マフィア、天皇教、日本会議、神社本庁、創価学会、統一教会の権力亡者で固めれているから。 https://t.co/8pTljk0A4ipic.twitter.com/oxIfTz7YNc

— matu(脱原発に一票、TPPに反対) (@matu923) 2018年5月22日

 

 

 

 

日本会議と沖縄
13年末、前仲井眞知事が突如、辺野古埋立承認。あの地獄の冬の日、前知事の背後にいたのは日本会議だった。今では仲井眞は隠すことなく日本会議の旗振り役。https://t.co/8RcEPDPycX

— うちなーあるある ネトウヨかるた (@trueokinawa2017) 2018年5月21日

 

 

 

日本会議・神道政治連盟に乗っ取られた日本。こうした時代錯誤の狂信的思想も、一宗教団体が掲げているだけならとやかく言う必要もないが、この思想が与党議員を動かし、現実の政策に反映されてくるに至っては、黙っていては再び日本を滅ぼす恐れがある。
pic.twitter.com/D10nutD4RF

— 河原 淳 (@DHzNxunAT1P8ETT) 2018年5月19日

 

 

日本会議や神社本庁などが支える安倍独裁政権は明治維新の富国強兵が始まったころに戻そうとしてます。国民全員を天皇の子とすることで死んでも戦えという兵隊、そして金のためにすべてを投げ出せとする洗脳教育が富国強兵策です・・・戦後70年経っても、金がすべてという洗脳からはまだ抜けていません

 

 

 

 

 

 

 

「日本会議」はどのように誕生し、今日に至ったのか」

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ついに海外のマスコミが日本のマスコミの報道しない真実を報道し始めた・・・それでも無関心な日本ゾンビ大国

2018年10月号 vol.32

コンビニのおにぎりから放射能検出、やっぱり出てきた! + 野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形(さくらんぼテレビ)  多くが騙されている、放射能汚染は減っているのでなく日々増えている!!

2018年10月号 vol.32

日本という国家の骨格がつぎつぎと崩れ去っていくのを、どんな気持ちで眺めてるのだろう? 【健康保険組合】【人材派遣健康保険組合】国内第2位の健康保険組合、解散を決定 51万人が加入

2018年10月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...