宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年06月号 vol.17

この国は狂ってしまってる・・・狂気の時代は狂気に生きるのが楽なんだけど、あなたはそれで安らかに死ねるか!

2018年05月24日 11:57 by show21up5

 

 

福島「放射能に負けない子供になろう!」福島県教育委員会。
教育委員会は、県外に避難した人を非難する。
このような行事を何回も何回も繰り返し、福島県民は完全洗脳された県民。
偽りの安全と安心。もちろんNHKも後援しています。 pic.twitter.com/kabseQMvTF

— dadajiji39 (@dadajiji) 2018年5月23日

 

福島では放射能汚染の危険性を主張すると

即「放射脳!」と人々から非難され罵倒されるようだ

福島県人はゾンビになって生きたいのだろうか?

 

 

【悲報】福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令 https://t.co/rdFvWMbh9a @YouTubeさんから

— バオバブ39 (@andantekoma) 2017年11月4日

 

 

 

 

この雨、当たってはならない。2018年4月16日から福島第一2号機の壁開け工事。吹き出る放射能。雨で落ちる。熊本日赤病院内レストラン0.15マイクロシーベルト/時。大阪伊丹空港トイレ0.17。18年5月7日11:37am,19:21pm。帰ったらシャワー、濡れた服、靴は洗う pic.twitter.com/9FGsxqb5HW

— しんちゃん (@shinchann2008) 2018年5月7日

 

 

結局、福島の真実で・・・

5年も6年も前から言い続けてることだけど

自分の子供や孫たちを犠牲にして

自分の地位や財産を守って、それで幸せなのか?

弱者である子供や孫を盾にして

その後ろで左団扇で世情や人生を評価して

笑顔で死ねるのか?・・・ということだ!

 

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ついに海外のマスコミが日本のマスコミの報道しない真実を報道し始めた・・・それでも無関心な日本ゾンビ大国

2018年10月号 vol.32

コンビニのおにぎりから放射能検出、やっぱり出てきた! + 野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形(さくらんぼテレビ)  多くが騙されている、放射能汚染は減っているのでなく日々増えている!!

2018年10月号 vol.32

日本という国家の骨格がつぎつぎと崩れ去っていくのを、どんな気持ちで眺めてるのだろう? 【健康保険組合】【人材派遣健康保険組合】国内第2位の健康保険組合、解散を決定 51万人が加入

2018年10月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...