宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年07月号 vol.23

【シンガポール時事】トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の単独会談、拡大会合の冒頭発言全文

2018年06月12日 17:20 by show21up5

 

Trump and Kim sign an agreement #米朝会談https://t.co/UoDvcb4jtU

— 本物黒酒 (@honest_kuroki) 2018年6月12日

 

 

#米朝首脳会談 】トランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の会談冒頭発言全文です。 https://t.co/KnGInpsd0X #米朝会談 pic.twitter.com/gotCWeeaW2

— 時事ドットコム (@jijicom) 2018年6月12日

 

 【単独会談】
 ◇トランプ氏
 とても良い気分だ。われわれは素晴らしい議論をし、大きな成功を収めるだろう。光栄なことだ。われわれが素晴らしい関係を築くであろうことに疑いはない。
 ◇金正恩氏
 ここまでの道のりはなかなか容易ではなかった。われわれの足を引っ張るような過去があり、誤った偏見と慣行が時にはわれわれの目と耳をふさいだりしていたが、われわれは全てを乗り越え、この場に来た。
 【拡大会合】
 ◇トランプ氏
 共に問題を解決しよう。われわれが解決する。協力することを楽しみにしている。
 ◇金正恩氏
 われわれの足を執拗(しつよう)に引っ張ってきた過去をわれわれが果敢に乗り越え、飛び越え、対外的な視線や疑惑を全て抑え込み、われわれがこの場に集まり顔を合わせたことは、素晴らしい平和の前奏曲だと考える。先ほども話したが、これまでは他の人々がやってみることができず、もちろんその過程で困難があったが、素晴らしい出発を果たしたこの日を機会に、共に巨大な事業を始める決心はついている。(2018/06/12-12:54)

 

上記引用元

 

 

【New!】米朝会談の拡大会合、出席メンバーは?「足を引っ張った過去を乗り越える」(動画) #米朝首脳会談https://t.co/k94CgHrjxU

— ハフポスト日本版 (@HuffPostJapan) 2018年6月12日

 

 

 

かつては旧日本軍の捕虜収容所 米朝首脳会談の開催場所カペラホテルとは?
――米朝会談の会場は、第2次世界大戦中に日本軍の捕虜収容所があり、「背後から忍び寄る死の島」と呼ばれたシンガポールのリゾート地であるhttps://t.co/i0fRGXuqVR#米朝首脳会談 #シンガポール #金正恩 #トランプ大統領 pic.twitter.com/gk5USyULOx

— ニューズウィーク日本版 (@Newsweek_JAPAN) 2018年6月11日

 

米朝会談前のトランプのツイート2:
「私がこの会談を行うのは米国にとって大損害だと私を憎む者や敗者たちが言う。ただ我々は北朝鮮から米国人の人質を取り戻し、核実験・ミサイル発射を止めた。私を始めから間違っていると批判した評論家たちはもう何も言えない。我々は何ともないが」 https://t.co/Ao2YHhqIgy

— トランプ和訳解説@及川幸久 (@HrpNagano3) 2018年6月11日

 

米朝会談の国営放送ニュース、拉致問題ばっかり。ああズレてる。会談をしてるのはトランプと金正恩だぞ。脇筋。拉致問題も重要だが、日本にとっていちばん重要なのはICBM以外の中距離核ミサイルがどうなるかだぞ。言及ゼロかよ。全てを政権の宣伝にしようとする国営放送には心底腹が立ってくるな。

— 森森森【Mr.ごまめの歯ぎしり】 (@morimori_naha) 2018年6月12日

 

 

国連総長、非核化へ「あらゆる支援」 米朝会談を歓迎

 

 国連のグテーレス事務総長は11日、国連本部で会見し、シンガポールでの米朝首脳会談について「外交解決を模索する両国の指導者を称賛する」と述べた。非核化の検証作業などに向けて、国連として「あらゆる支援」の準備ができていることも強調した。

 グテーレス氏は、米朝の指導者が「昨年世界中を懸念させた危険な循環から抜け出そうとしている」と歓迎する一方、「平和と検証可能な非核化が明確な共通目標であり続けなければならない」とも指摘した。

 主要な当事国の要請があれば、国際原子力機関IAEA)や包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)などの機関を通し、北朝鮮の非核化の検証作業など、あらゆる面で支援する準備ができているという。

 また北朝鮮の600万人の人道支援に1億1100万ドルが緊急で必要になっているとして国際社会に支援を呼びかけた。(ニューヨーク=金成隆一

 

 

トランプはどうやって体制を保証するのか、金正恩は信じるか
核廃棄の前提となる体制保証は口で言うほど簡単ではない。アメリカは何度も体制保証に失敗しているし、北朝鮮は用心深い。可能性を探ったhttps://t.co/KGnbezE4ze#米朝会談 #金正恩 #トランプ pic.twitter.com/jVFBmmlGkT

— ニューズウィーク日本版 (@Newsweek_JAPAN) 2018年6月12日

 

 

なんだかんだといっても

駒はひとつ前に進んだ!

いや、サイは振られたのかも

知れない・・・

北の体制保障と南北統一?

だが確かな握手が実現したのは

事実だ

 

 

関連記事

ついに海外のマスコミが日本のマスコミの報道しない真実を報道し始めた・・・それでも無関心な日本ゾンビ大国

2018年10月号 vol.32

コンビニのおにぎりから放射能検出、やっぱり出てきた! + 野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形(さくらんぼテレビ)  多くが騙されている、放射能汚染は減っているのでなく日々増えている!!

2018年10月号 vol.32

日本という国家の骨格がつぎつぎと崩れ去っていくのを、どんな気持ちで眺めてるのだろう? 【健康保険組合】【人材派遣健康保険組合】国内第2位の健康保険組合、解散を決定 51万人が加入

2018年10月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...