宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年08月号 vol.24

トランプの正体が現れたか? 国連人権理事会から米国が撤退したことで、反イスラエル措置が反対されずに採決?!?

2018年07月05日 12:25 by show21up5

 

 

ペンタゴン筋「国連人権理事会から米国が撤退したことで、反イスラエル措置が反対されずに採決可能となり、あのシオニスト国家を更に孤立させ、制裁を推し進めることとなる。」https://t.co/tndrI89Gwjhttps://t.co/sStM6l2sfj

あからさまに本性を現し始めたトランプ陣営。

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月4日

 

 

イスラエル警察、ネタニヤフ首相の汚職に新たな証拠があるとして来週にも取り調べhttps://t.co/OSwWf9LImy

— 藤原直哉 (@naoyafujiwara) 2018年7月3日

 

 

イスラエルのネタニヤフの粛清も秒読み段階か  Qアノンによると、我々が目撃している世界中の戦争屋の粛清祭りは、プーチンやトランプらが結成したアライアンスによって、かなり前から計画されてきたことだとか。 https://t.co/sB1WLrbbbU

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月4日

 

 

 

ロシア軍は、イスラエルとウクライナ双方に対して軍事行動を取ると見込まれており、それはハザールならず者国家における政権交代を引き起こすだろう。米国も是認し、ロシアの手で引き起こされるウクライナの政権交代およびウクライナ東部のロシア語圏併合の序章となるだろうhttps://t.co/sStM6l2sfj

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月4日

 

 

 

続》ロシアの大掛かりな動きは、ゴラン高原近くのイスラエル軍に対するロシア軍の爆撃という形で既に始まっている。米国もこの攻撃を許可済。米国務省の従僕どもは、米国がイスラエルを防御すると請け負ったが、トランプは真逆の指示を出している。イスラエル勢は今や半狂乱https://t.co/LNfQd0BDqa

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月4日

 

 

日本人のニュース音痴には

何を言ってもわからないのだろうかも?

世界の震源地は中近東である

パレスチナ問題が尾を引き拡大し続けている

第二次世界大戦後、突如として

パレスチナにイスラエルが建国宣言した

すべての原点はここにある

当時の世界を牽引したイギリスが

パレスチナにイスラエル国家建設を

認める証文を残している

今日のシリア難民がヨーロッパに流れ込み

あちこちで国家混乱を引き起こしている

イスラエスはシリアのつぎの標的を

イランに向け、エルサレムへの首都移転に

トランプが同意した時には世界中が

目を疑った・・・が、その回答が

ようやくアメリカ政府から示された

トランプ政権はアメリカとイスラエルに

巣つくシオニストの追放に動いている

ロシアと同調する真の意味も

ニュース音痴の日本人にはわからない

ロシアはシオニストに乗っ取られて

ソ連が誕生している

そのソ連からシオニストを追放して

ロシアが再生されている

プーチンは、その旗頭となっている

アメリカからシオニスト追放の旗揚げを

したのがトランプなのだ

 

 

 

 

 <CM>

現在、購読者を募集中です!

最大2か月の無料購読期間があります

最低でも1か月は無料で購読できます

購読には読者登録が必要です

 

 

  

関連記事

新型コロナにより「地球は息を吹き返した」・・・地球から見た人類はがん細胞のようなもの!

2020年04月号 vol.36

ついに各地で始まる暴動騒ぎ・・・つまり彼らの地域では補償額の発表だけでは済まないほど追い詰められてるということだ

2020年04月号 vol.36

コロナウイルスって実際にかかるとどのような感じになりますか?

2020年04月号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.36

プーチンのTV演説が世界中から評価を浴びた その1週間ほど前にドイツのメル...

2020年04月号 vol.35

本日現在、コロナウイルスの拡大と恐怖は留まるところを知らず~全世界でますま...

2020年03月号 vol.34

もちろん筆者の私見だが・・・アサンジこそ21世紀のスーパーヒーローのひとり...