宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年08月号 vol.24

また日本だけが蚊帳の外、世界のマスコミで報じられている気象兵器の威力

2018年07月07日 15:16 by show21up5

 

 

スパイ機関が、気象改変兵器の獲得のために気候研究に資金を提供していることを科学者は懸念している。https://t.co/l2kimHG2Sb

2015年2月、ザ・ガーディアンですら、気象改変兵器について報じているにも関わらず、長期間世界から取り残されている日本。日本人をサル化させたのは強力な情報統制。

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月7日

 

 

 

気象コントロール戦争レースの行く末は…?世界最大級の「高層電離層の攪乱システム」を建設している中国政府。そして「2025年までに気象を手にする」と宣言した米政府。香港の著名なサウスチャイナ・モーニングポストと、カナダのグローバルリサーチも気象改変兵器を報じる!https://t.co/XhWYMvHoJ4 pic.twitter.com/sSUERemMnK

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月7日

 

 

イランは、国内の気候変動の背後にはイスラエルがいるとの見方を公表

「イスラエルらが、イランに入ってくる雲の水分を奪っている。我々は、雪や雲が盗まれるという出来事に何度も遭遇している。」https://t.co/yrruK4i881

気象改変兵器なんて存在しないと思い込んでいるのは日本人くらい

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月7日

 

 

 

ベトナム戦争の気象コントロール「ポパイ作戦」とハリケーン縮小計画「ストームフューリー・プロジェクト」以後、米国の気象兵器開発は進んでいるのか、いないのか?https://t.co/08vHSO2po1

答えは、圧倒的に前進している。気象改変兵器は、少なくともベトナム戦争時代からすでに使われているpic.twitter.com/pajuzdrRtH

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月7日

 

 

 

米軍は、気象パターンを選択的に変更できる高度な機能を開発している。この技術は、1990年代にHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)の下で最初に開発されたもの。

「2025年には、我々は“天候を所有する”ことができるようになるだろう。」https://t.co/OPmtIVcff9https://t.co/TAORARHhDL pic.twitter.com/fmwDx5uNTW

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月7日

 

 

続》米軍の文書より「気象改変は、米国内および国際的な安全保障の一部となり、そして、一方的に行うことができる。 それは攻撃的で防御的な道具を持つことになり、抑止の目的に使用することもできるものだ。」

米空軍から委託された完全な報告書は下のリンク先にあるhttps://t.co/pbYClmXUOe pic.twitter.com/RFJ8OIVhKp

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月7日

 

 

 

原始的な気象兵器のひとつに

ケムトレイルがある

ジェット機を上空に飛ばせ

化学物質を撒くと、飛行機雲に

似るけれど消えにくい跡が

上空に残る

 

今日の日本の上空は全国津々浦々

ケムトレイルばかりだ

横田基地から飛び立っている

それを見て、「今日は、クモの巣の

ように飛行機雲がでている」と

感心する日本人は、世界基準で

サルにしか見えない!

 

先日の詩織さんのBBC放送で

世界から見た日本人の人権意識は

サル並みだと写るのとほぼ変わりがない

 

欧米ではすでにケムトレイルに反対する

デモまでがあちこちで敢行されている

という時代なのだけど、これを読んでも

無関心な日本人はほんとうに生きて

いるのだろうか?

 

 

関連記事

新型コロナにより「地球は息を吹き返した」・・・地球から見た人類はがん細胞のようなもの!

2020年04月号 vol.36

ついに各地で始まる暴動騒ぎ・・・つまり彼らの地域では補償額の発表だけでは済まないほど追い詰められてるということだ

2020年04月号 vol.36

コロナウイルスって実際にかかるとどのような感じになりますか?

2020年04月号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.36

プーチンのTV演説が世界中から評価を浴びた その1週間ほど前にドイツのメル...

2020年04月号 vol.35

本日現在、コロナウイルスの拡大と恐怖は留まるところを知らず~全世界でますま...

2020年03月号 vol.34

もちろん筆者の私見だが・・・アサンジこそ21世紀のスーパーヒーローのひとり...