宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年08月号 vol.25

もう本当に馬鹿々々しくてTVも見ない新聞も読まない若者が増えている! それはいいのだが、それでゲームやアニメに熱中???

2018年07月14日 23:29 by show21up5

 

 

いつも書くけど、日本に観光客が増えてるのは突然日本の魅力を「発見」した人が増えてるからではなく、日本がここ5年で劇的に安い国になったからだよ。アベノミクスで日本という国の相対的価値がグンと低くなったからhttps://t.co/IYZ9CJG5Gg

— hiroshi ono (@hiroshimilano) 2018年7月13日

 

外国人観光客、2020年に4000万人の目標達成「完全に射程」=菅官房長官

[東京 11日 ロイター] - 菅義偉官房長官は11日、都内で講演し、外国人観光客数は今年に入り年率15%超伸びており、2020年に4000万人との目標達成は「完全に射程に入った」と強調した。法務省などの反対を押し切ってビザ発行条件を緩和したが、外国人による犯罪は微減となっていると指摘、安倍政権の観光立国政策の成果を強調した。

 

引用元

 

戦時中、連戦連敗なのに

連戦連勝で快進撃の連覇・・・

と出鱈目を連日連夜報道された

時代と同じだね

話のすり替え、データの改ざん

真実の隠ぺい、誤魔化し・・・

 

 

ホームレス、初めて5千人下回る 厚労省調査、1月時点 https://t.co/c0wGTJnypo 正確に把握する気もないのだから、あたかも正確な数字のように出さないでほしい。はるかに想定を超えるホームレスが毎日相談に来ている

— 藤田孝典 (@fujitatakanori) 2018年7月14日

 

これも嘘だよ!!

庶民の景気はどん底に落ち込んでるよ

 

 

太平洋戦争中もこんなんだったんでしょうね!正しいことを言うと、非国民って。日本人って全く成長してないんだろうな

— lim (@lim01801336) 2018年7月14日

 

 

それにしても、政府が今回の豪雨災害に対して使う予備費が20億円と聞くと、その額の少なさにも驚きを隠せませんが、豪雨災害で甚大な被害を受けた愛媛県から加計学園が受け取る補助金が31億円というのも信じられません。自治体をペテンにかけた理事長の学園なんかより、被災者支援に使うべきですよ。

— 異邦人 (@Beriozka1917) 2018年7月14日

 

 

安倍晋三、アメリカには2000億円、加計学園には100億円、豪雨被災地には20億円か‥‥。

— きっこ (@kikko_no_blog) 2018年7月14日

 

 

今日、田舎をドライブの途中

文字通りの秘湯に浸かった

風呂上がりにお婆さんが

アイスコーヒーを出してくれて

頂きながらの会談中・・・

なんと驚きの言動~を聞いた

「安倍ほど好き勝手にできた

総理など過去におらん!

もう怖いものなど何もない

のじゃろう!!こんなに

国民が舐められて・・・」

多くがわかっていても~

それでも動かない社会・・・

キング牧師は無関心は罪だと

いった。それで人々が動き

アメリカで公民権が誕生した

筆者を始めネットではすでに

日本社会への批判が始まって

いる。ゾンビ社会、愚民国家

政府が狂ってるのじゃなく

社会が狂ってる・・・それでも

日本社会は動かない

ひたすら耐え、我慢し・・・

そして朽ちてく不思議な社会

 

 

 

関連記事

ついに海外のマスコミが日本のマスコミの報道しない真実を報道し始めた・・・それでも無関心な日本ゾンビ大国

2018年10月号 vol.32

コンビニのおにぎりから放射能検出、やっぱり出てきた! + 野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形(さくらんぼテレビ)  多くが騙されている、放射能汚染は減っているのでなく日々増えている!!

2018年10月号 vol.32

日本という国家の骨格がつぎつぎと崩れ去っていくのを、どんな気持ちで眺めてるのだろう? 【健康保険組合】【人材派遣健康保険組合】国内第2位の健康保険組合、解散を決定 51万人が加入

2018年10月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...