宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年08月号 vol.25

<祝:本日、冷戦終結宣言!> プーチン、トランプ両首脳の会談「不可解なボディーランゲージ」

2018年07月17日 21:02 by show21up5

 

 

【祝報】米露首脳会談

プーチン「ロシアと米国は、あらゆる共通の脅威を解決するために尽力する必要性がある。」

トランプ「ロシアと米国の関係は、4時間前から大きく変わった。」https://t.co/Ej4PnuJyhWhttps://t.co/GLnvDPghwo

トランプ発言の主意は、戦争屋に対する撲滅宣言そのもの。

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月17日

 

二人のリーダーの表情、ジェスチャーは鏡映しであることがわかる。当初、両者はうつむき、それから交互に気後れしているかのようにジャケットを触り、手のひらを閉じ合わせたその瞬間、まなざしがぶつかり合った。ビデオの最後はプーチン氏にウインクを送るトランプ氏で終わっている。

引用元

 

 

 

米露首脳、冷戦は終わった。米露両国は協力していくhttps://t.co/howhiteYwH

— 藤原直哉 (@naoyafujiwara) 2018年7月16日

 

 

トランプ大統領、予定の90分を超過してプーチン大統領と2時間以上対話。議題は貿易、軍事、習近平と核兵器拡散防止(北朝鮮?)についてとの事。会談について記者に問われ「良いスタートだ。全員にとって良いスタートだ」と答えていますhttps://t.co/LDccB1Wa42pic.twitter.com/eXepKzh78U

— xbox360 kyrie (@kyrie16) 2018年7月16日

 

28ヶ国で構成されるEUを、ロシアや旧ソ連諸国を含む47ヶ国からなる欧州評議会と置き換える旨、プーチンとトランプは決断したようだ。そのような筋書きとなれば、NATOは存続理由を失うことから、解体されてロシアと米国を中心とした西洋の同盟体制に置き換えられるだろうhttps://t.co/xXW8eTfPzj

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月9日

 

 

 

米大統領選介入信じる理由ない、プーチン氏が「強く」否定=トランプ氏 https://t.co/4nfGpUT61O

— ロイター.co.jp (@Reuters_co_jp) 2018年7月16日

 

 

共同記者会見。「冷戦の時代は終わった」とプーチン大統領。対立ではなく会話を望むトランプ大統領を称賛、未解決の問題が残っているのは確かだが重要な一歩を踏み出したと述べました。またロシアによる米国選挙介入を否定pic.twitter.com/AsZmArB58O

— xbox360 kyrie (@kyrie16) 2018年7月16日

 

 

 

<祝 : 冷戦終結宣言!>

元々、米ソの東西冷戦など嘘で演出だった

その後、米ロが対立し米ロの冷戦終結宣言

が本日出た

時代の対立構造は、中央銀行制度を牛耳る

one world の提唱派と米ロを中心とする

過度なナショナリズム派の対立が浮き彫りに

なってくるだろう

今後、欧州からNATOが消え、one world

提唱派のエリート、フランス大統領マクロン

やドイツ大統領メルケルが退陣に追い込まれ

れば、世界の金融制度も様変わりし新規な

時代が誕生することになる

ちなみに現下の日本の体制は one world

提唱派に組しているのでマクロンやメルケル

が消えれば、自然消滅する

 

 

 

関連記事

権力を批判する書籍等が燃やされ手をつないで踊る輪の中には多国籍企業のオーナー。 中国の習近平・オバマ・ヒラリーの姿も見える、 日本経団連や日本の政治家や官僚はこの踊っていいる連中の汚れ仕事をやっています。

2018年10月号 vol.32

「言葉の暴力が一線を越えている。問題提起したい」和歌山市の書店が、新潮社の新刊本の販売を当面取りやめる方針

2018年10月号 vol.31

改憲の賛否呼びかけるCM、量的規制せず 民放連が決定 : 資金の潤沢な改憲勢力が野放しにCM作戦を展開~となる予想!

2018年10月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...