宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年08月号 vol.26

日本人の日和見は嫌いだなぁ~冷戦の終結で始まる落ち武者狩り・・・オバマ時代のCIA長官の顔(笑)ゴールドマンのCEOのクビも発表されるなど歴史的な展開が始まる

2018年07月18日 22:03 by show21up5

 

 

これから米国でも日本でも欧州でも、冷戦の終結に反対する連中の落ち武者狩りが本格化するだろう。

オバマ時代のCIA長官のこの顔(笑)。ゴールドマンのCEOのクビも発表されるし、歴史的な展開だ。https://t.co/YOLnSDXLXj

— 藤原直哉 (@naoyafujiwara) 2018年7月17日

 

 

ゴールドマンのCEOロイド・ブランクファイン=クリントンの大スポンサーが9月末で引退。トランプの米露首脳会談・冷戦終結宣言と軌を一にhttps://t.co/LeK34JJKWA

— 藤原直哉 (@naoyafujiwara) 2018年7月17日

 

Goldman CEO Lloyd Blankfein to retire, to be succeeded by Co-COO David Solomon

 

【祝報 ブタ箱直行便情報】米露首脳会談会談において、プーチンが、ロシアと繋がりのある実業界の大物ビル・ブラウダーがヒラリー・クリントンの大統領選キャンペーンのためにヒラリーに4億ドルを不正献金し、その資金をオバマ配下の米諜報機関の職員らがマネーロンダリングしていたことを暴露https://t.co/ZnSEXdmr80

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月18日

 

生中継で二次加工できなかったのか、CNNの動画放映でも、プーチンによるメガトン級の爆弾発言が世界中に大放出

ヒラリーとオバマはブタ箱直行便へ!欧米の主流メディアや日本のゴミメディアが、フェイクニュース全開で誤魔化したい米露首脳会談の真実がここにある。しかと目に焼き付けてほしい。 https://t.co/MGIRl2Cdem

— やのっち(。・ɜ・)d (@_yanocchi0519) 2018年7月18日

 

 

いま、海外では一流メディア(マスコミ)が

互いに誹謗中傷合戦を始めた!!

まさに低俗で下品でインチキ大爆走だけど

それほど世界は激動のさなかにあるということ

日本のインテリを自認する連中はなぜ、この

一大事を人々に解説しない

高みの見物と逃げるなら、どうでも

いいところでインテリをかざすな

卑怯者!!

鎖国に日本にも海外通など何万人といる

英語に不自由しない連中も何万人といる

なぜマスコミが報道しない一大事を

解説するだけの勇気すらないのか?

 

トランプは金正恩と歴史的な会談をした

そして、今度はプーチンと会談し

米ロの冷戦終結を宣言した

これはドイツの鉄の壁崩壊どころの

騒ぎではない

 

ソ連が崩壊しロシアが再生した

そしてプーチンが登場し世界を牛耳る

戦争屋と対峙した

さらにトランプが登場し地元アメリアを

塒とする戦争屋と対峙した

そのトランプとプーチンが握手して

One World と宣言した戦争屋の殲滅を

宣言したのだ!!

 

これが世界の今日の流れ

これから戦争屋の粛清が始まる

もちろん安倍どころか日本会議や神社本庁

統一教会などNWOと連携する戦争屋族だ

日本の大手企業にも戦争屋が多くいる

 

・・・だからといって、また外圧を期待する

日和見日本人が流れを読み、間違いないと

判断したとたんに雨後の筍のように躍り出てくる

のは、この上なく卑怯だと思う

 

 

 

関連記事

権力を批判する書籍等が燃やされ手をつないで踊る輪の中には多国籍企業のオーナー。 中国の習近平・オバマ・ヒラリーの姿も見える、 日本経団連や日本の政治家や官僚はこの踊っていいる連中の汚れ仕事をやっています。

2018年10月号 vol.32

「言葉の暴力が一線を越えている。問題提起したい」和歌山市の書店が、新潮社の新刊本の販売を当面取りやめる方針

2018年10月号 vol.31

改憲の賛否呼びかけるCM、量的規制せず 民放連が決定 : 資金の潤沢な改憲勢力が野放しにCM作戦を展開~となる予想!

2018年10月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...