宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年09月号 vol.27

サルか超人か?もうわからん・・・<福島第1原発>視察に記念品? 東電、グッズ販売(河北新報)観光地化している!あり得ない!蓮池透

2018年08月02日 16:07 by show21up5

 

 

観光地化している!あり得ない!
欲しがる方もおかしいが。

<福島第1原発>視察に記念品? 東電、グッズ販売(河北新報) - Yahoo!ニュース https://t.co/dtUjBuYzhv @YahooNewsTopics

— 蓮池透 (@1955Toru) 2018年8月2日

 

 

東京電力は1日、福島第1原発のオリジナルグッズの販売を始める。第1弾はクリアファイルで、構内のコンビニエンスストアに並ぶ。

東電は「視察者の要望」を理由に挙げる。

クリアファイルはA4サイズで、廃炉作業が進む1~4号機の外観や、構内を走る自動運転の電気バス(EVバス)の写真をあしらった。価格は3枚一組で300円。

 東電は「廃炉作業を進めることで福島復興への責任を果たさせてもらっている現状を踏まえ、無料ではなく原価相当額での販売形式とした」と説明する。

 東電によると、視察者や協力企業社員から「記念品が欲しい」と要望を受けていた。「福島第1大型休憩所店」などの店名が記されたコンビニのレシートや食堂のプリペイドカードを持ち帰る人もいるという。

引用元

 

筆者には、もう言葉がない!!

幕末の関西に「ええじゃないか踊り」が流行ったと

古文書に記録が残る

庶民たちが、突如、通りに飛び出し

鍋やカマなどを手に取り、狂ったように

踊りだしたという

ただし、その踊り凶暴で、当たり構わずに

物を壊し人々を殴り倒したという

当初、奉行所役人が治安維持のため制止に努めるも

言葉通りに狂ったように人々は踊り続けるため

次第に「ええじゃないか」の叫び声を聞くと

役人たちも逃げ出したと記録に残る

 

 

 

東京電力は1日、福島第1原発のオリジナルグッズの販売を始める。
第1弾はクリアファイルで、構内のコンビニエンスストアに並ぶ。

未曽有の事故を起こし、世界最悪の原子力に認定されて、今も住民に避難を強いる福島第1原発、記念品の販売をしてしまうキチガイの国
https://t.co/tQ5wLoDNnQ

— asuka

今はまだ原子力緊急事態宣言下。廃炉も汚染水処理も何の見通しも立たないのにお土産。

<福島第1原発>視察に記念品? 東電、グッズ販売(河北新報) - Yahoo!ニュース https://t.co/J8B17iDmgY @YahooNewsTopics

— 白石草 (@hamemen) 2018年8月1日

東電は、何か大きな勘違いをしていないか?公的資金がどれだけ突っ込まれていると思ってるのさ。そもそも、今の福島第一は、記念品とか売ってる場合でも、そんな状況でもないだろうに https://t.co/5xHiYvMtYa

— ガイチ (@gaitifuji) 2018年8月1日

ついでにフクイチのロゴでも作ったら?
あの人災の当事者でありながら国民の税金で生き永らえている東電は、どこまで被災者を愚弄したら気が済むのかhttps://t.co/CYqRw7apqM
#福島第1原発>視察に記念品? #東電、グッズ販売#Fukushima #原発 #被曝 #福島 #TEPCO

— Nemesisネメシス (@zodiac0088) 2018年8月1日

おかしいだろ。被災者の支援は打ち切られ、自殺者が後を絶たない背景を尻目に記念グッズ販売するなんて。本当に日本、どうなっちゃったんだよ。こんな国だったの???????悲しすぎる。

<福島第1原発>視察に記念品? 東電、グッズ販売(河北新報)
https://t.co/yJ4mybPWLm

— sly.KenZo (@slyKenZo) 2018年8月2日
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ついに海外のマスコミが日本のマスコミの報道しない真実を報道し始めた・・・それでも無関心な日本ゾンビ大国

2018年10月号 vol.32

コンビニのおにぎりから放射能検出、やっぱり出てきた! + 野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形(さくらんぼテレビ)  多くが騙されている、放射能汚染は減っているのでなく日々増えている!!

2018年10月号 vol.32

日本という国家の骨格がつぎつぎと崩れ去っていくのを、どんな気持ちで眺めてるのだろう? 【健康保険組合】【人材派遣健康保険組合】国内第2位の健康保険組合、解散を決定 51万人が加入

2018年10月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...