宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年09月号 vol.27

IMFの警告でアベノミクスの嘘が明らかに。幻想だった「日本の経済成長」バブル崩壊は突然やってくる

2018年08月03日 10:32 by show21up5

 

 

 

「先進国で日本がいちばんヤバい」IMFの警告でアベノミクスの嘘が明らかに。
IMFが2018年「世界経済見通し」を発表。日本経済が最悪である事がわかった。海外勢の日本円買いもアベノミクスも幻想だった。

多くの庶民は既に肌で感じてる。
官邸は庶民を騙す事しか考えてないhttps://t.co/wp0f6YsUSn

— umekichi二代目 (@umekich61523936) 2018年8月2日

 

IMFが2018年「世界経済見通し」の改訂版を発表。日本経済が最悪であることがわかりました。海外勢の(安全資産)日本円買いもアベノミクスも幻想だったのです。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2018年7月31日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

経済成長率は先進国中「最低」の1.0%へ。一方、楽観論も?

先進国全体で経済悪化?

IMF(国際通貨基金)による2018年「世界経済見通し」の改訂版が7月17日に発表されました。改定前のもの(全302頁)は4月に発表されています。

このIMF分析によると、トランプの「高率関税による国際貿易戦争」で、今後の見通しは先進国地域全体で悪化すると予測しています。

もっとも悪影響を受けるのは、米国・カナダではなく、ドイツ・フランス・イタリア・日本のようです。

中でも日本の経済成長率は、当初予想では先進国で最低の1.2%となっており、それが改定値ではさらに落ち込んで1.0%となっています。

幻想だった「日本の経済成長」

データをもとに、IMFによる日本への警告を見てみましょう。

 

根拠のない楽観論も?

IMFは、日本の予想値の引き下げ理由について、「消費意欲と投資の減退で、第1四半期の成長が予想よりも落ちた」ことを理由としています。しかし、2018年下半期から2019年には消費意欲が増加し、投資も増加すると期待され、改善すると楽観的に述べています。

何を根拠にそう述べているのかは、まったく書かれていません。楽観的に見るのか、悲観的に見るのか。あなたはあなた、わたしはわたしです。

バブル崩壊は突然やってくる

バブルの破裂は、景気が好調であると政権が強調する時に、突然やってきます。

破裂の必要条件は、景気の浮揚のために過剰なヘリコプターマネーがゼロ金利でばら撒かれ、それが実際の投資に用いられず、紙証文資産の購入で大騒ぎすることです。

根拠のない楽観論も?

IMFは、日本の予想値の引き下げ理由について、「消費意欲と投資の減退で、第1四半期の成長が予想よりも落ちた」ことを理由としています。しかし、2018年下半期から2019年には消費意欲が増加し、投資も増加すると期待され、改善すると楽観的に述べています。

何を根拠にそう述べているのかは、まったく書かれていません。楽観的に見るのか、悲観的に見るのか。あなたはあなた、わたしはわたしです。

バブル崩壊は突然やってくる

バブルの破裂は、景気が好調であると政権が強調する時に、突然やってきます。

破裂の必要条件は、景気の浮揚のために過剰なヘリコプターマネーがゼロ金利でばら撒かれ、それが実際の投資に用いられず、紙証文資産の購入で大騒ぎすることです。

 

引用元 「先進国で日本がいちばんヤバい」IMFの警告でアベノミクスの嘘が明らかに

 

 

 

 

日本経済はすでにインフレ転換…米国やIMFも指摘する「実質賃金」の不気味な上昇 #SmartNews https://t.co/KtkL6MenHP

— このはずく (@konohakou) 2018年8月2日

 

欧米諸国にとって注目の的である日本のデフレ脱却。すでに日本では賃金インフレが始まっており、まもなくハイパーインフレが起こるという見方があります。

 引用元

 

戦時中の大本営発表は

広島長崎への原爆投下という

歴史に残る大惨事で突如として

幕を下ろした

狂気のアベノミクスという

平成の大本営発表は

どのような未曽有な大惨事で

幕を下ろすのだろう

欧米の妥当な見解としては

歴史に残るハイパーインフレ

という筋書きである

 

  

日本経済は過去に2度の

ハイパーインフレを経験している

1度目は明治新政府の時

そして2度目は敗戦の時

どちらも徳政令・・・という

新札の発行で切り抜けている

伝家の宝刀・・・そろそろ

でるよ

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

権力を批判する書籍等が燃やされ手をつないで踊る輪の中には多国籍企業のオーナー。 中国の習近平・オバマ・ヒラリーの姿も見える、 日本経団連や日本の政治家や官僚はこの踊っていいる連中の汚れ仕事をやっています。

2018年10月号 vol.32

「言葉の暴力が一線を越えている。問題提起したい」和歌山市の書店が、新潮社の新刊本の販売を当面取りやめる方針

2018年10月号 vol.31

改憲の賛否呼びかけるCM、量的規制せず 民放連が決定 : 資金の潤沢な改憲勢力が野放しにCM作戦を展開~となる予想!

2018年10月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...