宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年09月号 vol.29

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ<朝日新聞デジタル>「安倍晋三首相への個人攻撃」との反発が原因か?もう何が何だか・・・でも、一番おかしいのは、いつまで経っても他人事の日本人社会なのでは!

2018年08月26日 10:13 by show21up5

 

 

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ:朝日新聞デジタル https://t.co/oTN0rnYHHN

— Show Art Udajima (@Show_Udajima) 2018年8月26日

 

 

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ:朝日新聞デジタル https://t.co/11va8QEgUL
「安倍晋三首相への個人攻撃」との反発が党内に根強いことから、支持拡大のため封印したとみられる

正直、公正をキャッチフレーズにすることが個人攻撃になるとか何かもう色々おかしい

— ぽん桔 (@339_fever) 2018年8月25日

 

【自民党総裁選】石破茂氏、キャッチフレーズ見直しも 「人を批判するつもりはない」https://t.co/mUx8SNVOge pic.twitter.com/rwVilcHWje

— 産経ニュース (@Sankei_news) 2018年8月25日

 

側近「石破さん、立候補時のキャッチフレーズ『正直、公正』を使わない方がいいとの声があります」
石破茂「ほう、なぜかね」
側近「『安倍晋三首相への個人攻撃』との反発が党内に根強いそうです」

もう旧ソ連のフルシチョフジョークみたいになってんじゃねえか自民党総裁選 https://t.co/3ozBFcNvUV

— cdb (@C4Dbeginner) 2018年8月25日

 

 

石破茂「新しいキャッチフレーズを考えました。『平和・人権・福祉』」
自民党「個人攻撃だ、総理への個人攻撃だよ」
石破茂「暴力団追放。三権分立。」
自民党「個人攻撃だ、明らかに総理への個人攻撃だよこれは」
安倍総理「お前らわざとやってね?組んでね?」https://t.co/YIUYKMNFd8

— cdb (@C4Dbeginner) 2018年8月25日

 

 

https://t.co/GkB0CfhWAK

つまり、たとえば、こういうことか?
石破「私のキャッチフレーズは『馬鹿なことはしない』です」
党内「けしからん、安倍首相への個人攻撃だっ」

— buu (@buu34) 2018年8月25日

 

 

「正直、公正」が安倍晋三に対する個人攻撃(批判)だと分かってるんだったら、そんな不正直で不公正なクズ政治家はさっさと切り捨てればいいのに、それができない自民党。腐り切っている。

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ:朝日新聞デジタル https://t.co/PI4DnOeTXj

— Hideyuki Hirakawa (@hirakawah) 2018年8月25日

 

 

自民党内から「正直、公正」は安倍首相への個人攻撃になるって批判が上がり封印となったそうだ。
つまり、安倍さんがやっている事は「正直、公正」ではないってことを認めたんだね。

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ https://t.co/IqFRz6SuPg

— 菱山南帆子 (@nahokohishiyama) 2018年8月25日

 

 

不思議だねぇ~

もう、アベシンゾウは完璧に裸の王様なのに

そして、嘘つき、不公平で・・・

しかも、不正の温床、やることなすこと

健全だった日本社会を潰すことばかりなのに

日本国民は、これほど痛めつけらえてるのに

それを多くの日本国民はわかってるのに

それでも、なお、結果的に安倍支持を日本社会が

続けるなんて!

日本人ってマゾヒストの塊なの??

 

 

関連記事

新型コロナにより「地球は息を吹き返した」・・・地球から見た人類はがん細胞のようなもの!

2020年04月号 vol.36

ついに各地で始まる暴動騒ぎ・・・つまり彼らの地域では補償額の発表だけでは済まないほど追い詰められてるということだ

2020年04月号 vol.36

コロナウイルスって実際にかかるとどのような感じになりますか?

2020年04月号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.36

プーチンのTV演説が世界中から評価を浴びた その1週間ほど前にドイツのメル...

2020年04月号 vol.35

本日現在、コロナウイルスの拡大と恐怖は留まるところを知らず~全世界でますま...

2020年03月号 vol.34

もちろん筆者の私見だが・・・アサンジこそ21世紀のスーパーヒーローのひとり...