宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年10月号 vol.30

アリアナ・グランデの胸触る? 牧師が謝罪・・・<日本と世界はここまで違う>・・・日本は人権発展途上国!

2018年09月05日 15:20 by show21up5

 

 

アリアナ・グランデの胸触る? 牧師が謝罪、アレサ・フランクリンの葬儀で...

アリアナは受け答えをしているものの、少し困惑した表情を浮かべているように見えるhttps://t.co/gVD5QPbjcU

— ハフポスト日本版 (@HuffPostJapan) 2018年9月2日

 

 

昨日のアレサ・フランクリンの告別式でマリアナ・グランデの胸を触ってた司会の牧師。一体なんなの。。。恥を知れよ。タコベルのジョークとか。。。アリアナも、アレサも、2人とも侮辱された。 https://t.co/1B15jl9akH

— TrinityNYC (@TrinityNYC) 2018年9月1日

 

 

 

 

【批判殺到】アリアナ・グランデの胸を触る?牧師が謝罪 アレサ・フランクリンさん葬儀でhttps://t.co/jl2BkuRSmK

牧師は「男女全ての出演者とハグしたが、なれなれしすぎた」と謝罪したpic.twitter.com/CLXHioL2Jc

— ライブドアニュース (@livedoornews) 2018年9月2日

 

 

 

 

 

米歌手アリアナ・グランデさんの胸を触った疑い、牧師が謝罪(1日) https://t.co/mE99huitE6 pic.twitter.com/tGryxqZLmw

— ロイター.co.jp (@Reuters_co_jp) 2018年9月3日

 

 

日本と何が違うのだろう?

まずは、これが問題となること・・・だ

マスコミが騒いだのではない

TVを見たネット・ユーザーたちが騒いだ

その騒ぎがどんどんと大きくなり

マスコミが取り上げざるを得なくなり

そして当事者が謝罪した

社会が主体性で一体化している

是は是と非は非と社会が主張している

社会が主張するとは市民ひとり一人が

主張しているのだ

日本のようにTVで評論家がいった

真似事をしたり顔でネットで発信している

のとは雲泥の差だ

ひとり一人が自分の意見を主張する

聞いたものも是非としての意見を主張できる

この主体性が日本社会には理解できないようだ

 

だけど、日本なら有名人がTVにでると

人々はひれ伏すだけなのに海外では有名人で

あろうが権威者であろうが権力者であっても

是は是と非は非と一般市民が堂々と主張できる

大人の社会なのだ

 

 

 

関連記事

権力を批判する書籍等が燃やされ手をつないで踊る輪の中には多国籍企業のオーナー。 中国の習近平・オバマ・ヒラリーの姿も見える、 日本経団連や日本の政治家や官僚はこの踊っていいる連中の汚れ仕事をやっています。

2018年10月号 vol.32

「言葉の暴力が一線を越えている。問題提起したい」和歌山市の書店が、新潮社の新刊本の販売を当面取りやめる方針

2018年10月号 vol.31

改憲の賛否呼びかけるCM、量的規制せず 民放連が決定 : 資金の潤沢な改憲勢力が野放しにCM作戦を展開~となる予想!

2018年10月号 vol.31

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年09月号 vol.29

トランプ大統領とプーチン大統領が、欧州最大財閥ロスチャイルド総帥ナット・ロ...