宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年10月号 vol.31

アメリカの実情は内戦状態・・・ローゼンスタイン司法副長官は、盗聴とでっち上げでクーデターを計画していた。アメリカ合衆国憲法第3条反逆罪だが日本のマスコミは報じていない

2018年09月27日 01:56 by show21up5

 

 

ローゼンスタイン司法副長官(#Rosenstein)は、民主主義を否定して、盗聴とでっち上げを武器にクーデターを計画していたわけだ。アメリカ合衆国憲法第3条反逆罪にあたる。日本のマスコミはまだ、そう報じていない。

米司法副長官がトランプ大統領の事実上の解任を提案か(NHKニュース) pic.twitter.com/WDruAnbP7P

— CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚本素山) (@CIAWilloughby) 2018年9月22日

 

ローゼンスタイン司法副長官、昨年の大統領に対するクーデター発案と盗聴提案がリークされ、大ピンチ。https://t.co/DvU52bDi0p

— satomi☆☆☆ (@satomi_i930) 2018年9月22日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人には日本のマスコミ報道のみを

まるで聖書のように信じ切って自己愛に浸る

人々が驚くほど多い

したがって、このアメリカで報道されている

事実や現実も耳にも目にも入らないだろう

オバマやヒラリーを筆頭にアメリカの

国家を構成する主要な人物たちが5万人と

大量な逮捕劇でも始まりディープステート

(影の政府)が降参し白旗でも振らないと今日の

日本のマスコミが戦争時の大本営発表しか

報じないマスコミと同じであることが

理解できないのだろう

問題は、アメリカの内戦状態が早期終結し

ディープステートが降参しない限り

トランプが勝利を収めない限り日本は

憲法第9条が改悪され事実上の開戦可能国

と陥り総火玉特攻隊に奉じられてしまう

 

 

関連記事

新型コロナにより「地球は息を吹き返した」・・・地球から見た人類はがん細胞のようなもの!

2020年04月号 vol.36

ついに各地で始まる暴動騒ぎ・・・つまり彼らの地域では補償額の発表だけでは済まないほど追い詰められてるということだ

2020年04月号 vol.36

コロナウイルスって実際にかかるとどのような感じになりますか?

2020年04月号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.36

プーチンのTV演説が世界中から評価を浴びた その1週間ほど前にドイツのメル...

2020年04月号 vol.35

本日現在、コロナウイルスの拡大と恐怖は留まるところを知らず~全世界でますま...

2020年03月号 vol.34

もちろん筆者の私見だが・・・アサンジこそ21世紀のスーパーヒーローのひとり...