宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2020年03月号 vol.34

「ニュースの検証」新型コロナのパンデミックが実際以上に危険視される理由

2020年03月08日 19:56 by show21up5

 

 

恐怖が事実を圧倒する 2001年9月11日の米同時多発テロに対し、知識人と政府当局者を含むアメリカ人が感じた恐怖と怒りはすさまじいものだった。 当時、情報機関の一部の人間は次のような警告を発した。アルカイダは取るに足りない小グループであり、大きな脅威ではない。イラクのサダム・フセイン政権とは何の関係もない。世界に18億人いるイスラム教徒のほとんどはテロリストではない。 さらに外国出身のテロリストに殺される危険性よりも、スズメバチや犬に殺される確率のほうが65倍高いとも指摘した。 だが社会と指導者が抱く恐怖心の前では、事実はほとんど無力だった。9.11テロはその後20年間、アメリカの外交だけでなく内政も大きく左右し続け、4兆ドルの資金と数十万人の命を犠牲にした。 恐怖が事実を圧倒する

 

 つづきは読者登録してからね~

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新型コロナにより「地球は息を吹き返した」・・・地球から見た人類はがん細胞のようなもの!

2020年04月号 vol.36

ついに各地で始まる暴動騒ぎ・・・つまり彼らの地域では補償額の発表だけでは済まないほど追い詰められてるということだ

2020年04月号 vol.36

コロナウイルスって実際にかかるとどのような感じになりますか?

2020年04月号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.36

プーチンのTV演説が世界中から評価を浴びた その1週間ほど前にドイツのメル...

2020年04月号 vol.35

本日現在、コロナウイルスの拡大と恐怖は留まるところを知らず~全世界でますま...

2020年03月号 vol.33

ネットの本質は~誹謗中傷! それを見抜ける力がある者は明日を予想できるが ...