宇多嶋翔の真実を探す仲間たち

2018年09月号 vol.29

記事タイトル一覧

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ<朝日新聞デジタル>「安倍晋三首相への個人攻撃」との反発が原因か?もう何が何だか・・・でも、一番おかしいのは、いつまで経っても他人事の日本人社会なのでは!

記事テーマ:キュレーション記事

石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封印へ:朝日新聞デジタル https://t.co/oTN0rnYHHN -- Show Art Udajima (@Show_Udajima) 2018年8月26日 石破氏、キャッチフレーズ「正直、公正」を封...

show21up5 show21up5

トランプの人気急上昇! 米農村部+ヒスパニック系+ラテン系がトランプ支持に動き出した。金の力で奴隷にされてきたディープステート撲滅作戦が始まってきたからだ!!

記事テーマ:キュレーション記事

米国の農家がやはり「トランプ支持」なワケ。農家のトランプ支持率は「70~75%」。 農家の声「彼は約束を守った。『TPPはやめる』『NAFTAは再交渉だ』と主張し、本当にそうした。」「俺たちの気持ちをわかってくれるのはトランプだ。」「支援するという約束...

show21up5 show21up5

ついにモンサントがグリホサート発癌訴訟で敗訴、2億8,900万ドルの損害賠償を命じられた。日本中で販売されているラウンドアップ除草剤の癌訴訟事件

記事テーマ:キュレーション記事

モンサントがグリホサート発癌訴訟で敗訴  キタ─(゚д゚(゚д゚(゚д゚)っ─ゾォ!!!! サンフランシスコ陪審は、モンサントのラウンドアップ除草剤が末期癌を与えたとして、元俳優のドエイン・ジョンソン氏に2億8,900万ドルの損害賠償を命じた。htt...

show21up5 show21up5

東京の地下にある核施設・・・陸軍地下実験場跡に作られ近くには東電の巨大変電所も眠っている・・・ニュートリノビーム実験は、東京大学の原子力施設がある東海村または筑波から岐阜県神岡町、全長300kmまで、高エネルギーを飛ばしている。

記事テーマ:キュレーション記事

渋谷周辺の爆発音なんだが、1時間以上経ってまだ原因不明ならば、東京地下核施設の実験(陽電子衝突)または失敗(放射能漏れ)音ではないかな?pic.twitter.com/PCVzAujDtx -- CIA創設者ウィロビー(旧@TsukamotoSozan塚...

show21up5 show21up5

翁長知事を追悼 : 辺野古移設、反対の県民大会 7万人、ハンパない!! Forbesが故翁長知事を「日本で最も勇敢な男」と評価。ゴルバチョフ氏、翁長知事に追悼文

記事テーマ:キュレーション記事

7万人、ハンパない!! 辺野古移設、反対の県民大会 翁長知事を追悼(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース https://t.co/z5NsRC2FyH@YahooNewsTopics -- ジョンレモン (@horiris) 2018年8月1...

show21up5 show21up5

ピザゲートって知っているだろうか?海外では新聞紙面を賑わす単語だけど日本人は知らない、あるいは陰謀論だとトンデモ寝言の代表格だ!!

記事テーマ:キュレーション記事

いま日本だけが蚊帳の外状態で世界中に衝撃が走っているあの、ピザゲート(小児性愛(人身・奴隷売買)セックス・カルト犯罪)事件でハリウッドの有名俳優や女優ならびに監督やプロジューサーたちが続々と逮捕されているついにピザゲート事件が一気に明るみにでてきたわけだ...

show21up5 show21up5

CIAコードネームが暴露された! 日本の4大新聞の正体もバレた!! 日本政府:POGO 内閣調査室:POLUNATE 警視庁:PODAUB 読売新聞:POBULK 読売ジャイアンツ:POHIKE 日本テレビ:PODALTION  世界で最もディープステートに支配された日本

記事テーマ:キュレーション記事

CIAコードネーム 日本政府:POGO内閣調査室:POLUNATE警視庁:PODAUB読売新聞:POBULK読売ジャイアンツ:POHIKE日本テレビ:PODALTION※日本のCIAコードネームには「PO」が付く場合が多い。 世界で最もディープステー...

show21up5 show21up5

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.32

2018年2月から始めたWEBマガジンですがしばらく休刊します。当初の1か...

2018年10月号 vol.31

いままでは人災だというとき災害対策の遅れや不備や不見識を指摘してきた・・・...

2018年10月号 vol.30

今日の日本の状態を危惧している人々は実は実に多い筈なのだけど、声を出す人々...